長持ちする外壁塗装を行ってくれる業者を見つけるコツとは?

作業員

専門業者に任せるメリット

住宅の外壁塗装は範囲が広く、塗装以外の作業も多いことからDIYで実施するのは難しいため、業者に依頼するようにしてください。宇都宮での外壁塗装の窓口はたくさんありますが、外壁塗装専門業者に直接依頼することにより、料金的にも作業的にも大きなメリットがあります。

一軒家

親切丁寧な業者を探す

名古屋で外壁塗装を行う場合には、とにかく業者の選定が大事です。これから塗装する建物は何なのか、あるいはどの様な方法で塗装したいのかを聞き入れてくれる業者を選ぶことで、満足の行く外壁塗装ができるのです。

ハケ

家の外壁を素敵にチェンジ

外壁塗装の業者を選ぶ場合は、多少時間がかかってもゆっくりと料金や施工内容などを検討していくのが良い策です。全国対応の比較サイトや業者の公式サイトなどにアクセスをしてみると、兵庫の業者の選定が楽に行えます。

塗膜を長持ちさせる工夫

ローラー

施工の流れと塗料の種類

外壁塗装では、最初に外壁の洗浄と補修とが行われます。というのも、外壁に苔や塵などが多く付着していた場合、その上から塗料を塗っても、すぐに剥がれてしまうからです。亀裂が入っていた場合も、その亀裂が広がることで、塗膜が破れる可能性があります。そのため外壁塗装は、汚れを分解する洗浄液などで丁寧に洗い流し、なおかつ亀裂の内部にコーキング剤を注入し、外壁を平らな状態にしてから施工することになっているのです。しかも塗料の前に、シーラーと呼ばれている下塗り剤が塗られます。これには高い粘着性があり、塗っておくと、その上から塗る塗料と外壁とが、しっかりとくっつくようになるのです。さらに塗料は、十分に乾燥してから再度塗ることが一般的となっています。二度塗りをすることで、塗膜がより強固になりますし、下地の色が透けて見えにくくなる分、仕上がりの色合いが美しくなるからです。また、塗料には種類が多くあるのですが、外壁塗装では1平米あたりの単価が2000円前後と比較的安いウレタンまたはシリコン系の塗料がよく使われています。しかし耐用年数が7〜10年と短めなので、昨今ではフッ素系または遮熱系塗料の需要も高まってきています。これらは、平米単価が4000円前後とやや高価ですが、その分15〜20年ほど効果が持続するのです。このように外壁塗装では、塗膜をより長持ちさせるための工夫が多く凝らされているのです。塗料の種類と塗装範囲によっては、トータルの費用が100万円を超えることもありますが、外観の美しさが長く維持されるメリットは大きいと言えます。